曲の紹介

石川浩司本人によるアルバム「おいしいうそがいっぱい」解説

 

2003年に僕のファーストソロアルバムとして発売し長らく廃盤となっていたCDを今回全曲ネット配信致します。
全作詞作曲歌は石川浩司(除く「オンリ・ユー」作曲:Buck Ram & Ande Rand)。
拙いデモテープを渡して全てのアレンジ・演奏をして頂いたのはライオンメリィさん。
全エンジニア・マスタリングは小俣佳久さん、全ジャケット等デザインは坂村健次さん。この4人だけで作りました。

 

1,  秋の風
出だしの三文字がインパクトのある曲だが、実は男の哀しさを歌った真面目な曲。

梅津和時さんなどは「石川君の曲で一番の傑作」とまで言って頂いた。カツコツと響く足音も寂しさを募らせる。

 

2,カイボーするなら

テクノな一曲。最後のしりとりはライブでは共演者やお客さんと即興でやること多し。この曲ではメリィさんがコーラスもしてくれている。

 

3,おいしいうそがいっぱい
アルバムのタイトルにもしたが若い時に作った重い感じの曲。知久君が好きで時々セッションで一緒に歌ってくれたりする。よく「おいしそうがいっぱい」と誤表記される。

 

4,オンリ・ユー
外国のポピュラーソングに石川解釈の独自の歌詞を付けた曲。ライブでは定番曲としてラストに歌われることも多い。

 

5,ゴリラの面
アルバム中、最も古い曲。東京に出て来た時よくライブハウスのオーディションでこの歌をうたった。

 

6,40のマスカキ
20代の頃に作ったが50代でも通用します・・・。

 

7,ひとり闇鍋
ひとりぽっちをコミカルに歌った哀愁のある曲。一緒にセッションする人によりタンゴになったり演歌になったりする。

 

8,わしゃゴキブリだ
ベースラインが印象的な曲。ライブの時は「すみません」の時、頭を下げる。

 

9,緑の沼の男の子
暗いカオスとオモチャ的なかわいらしさが混合した不思議な曲。

 

10,誰も起きてこないよ
たま時代も演奏されていた曲。同じコードの繰り返しの中、徐々に狂気の世界に入っていく。

 

★商品一覧ページに試聴もございます。

是非聴いて見てください!コチラ→http://ukyup.official.jp